定期共同収集モデル

事業者集積地域など商店街組合,隣接する複数事業者が同一内容で事業系廃棄物を収集処理サービスを共同してご利用できるサービスです。
一停車位置に対し、複数件同時回収することにより回収作業効率が高くなるぶんを、基本管理費用の分割負担して還元します。個々の負担金額を軽減することが可能です。
回収品目には、資源ごみ回収を加えることができまから、廃棄物の減量化が可能です。合わせて余計な廃棄物処理費用も削減可能です。
「eレポート」機能をご利用することにより、サービスご利用は共同でも、ご利用料金の精算、指定袋の受注配送など個別に対応が行える環境を整備してます。
共同利用によって基本収集管理費を分割負担し低価格化を実現、回収する廃棄物品目と収集頻度を集積事業者の特性に応じて設計し、セットプランとしてご提供します。

  • 事業者集積地域など商店街組合,共同利用される隣接する複数事業者が対象
  • 同一内容事業系廃棄物を収集処理サービスを共同してご利用
  • 基本管理費用の分割負担して軽減化
  • サービス利用は共同でも、個々に対応
  • 資源回収もセットされているので、廃棄物処理費の減額も可能です
  • セットプランは、共同利用者に合わせて設計します
共同収集モデルのイメージ

サービス要件

対応地域 八王子市内の事業者
相模原市内の事業者(一部対応できない地域あり)

共同回収場所 ご利用最低条件として、共同利用される事業者は共同回収作業エリアひとつに2箇所以上必要になります。
廃棄物品目(分類) 日々、廃棄される通常ごみが対象です。粗大ごみなどは含みません

可燃ごみ:事業系一般廃棄物
不燃ごみ:産業廃棄物物
資源ごみ:段ボール、古紙、空カン

排出条件 排出重量による実績従量課金
中身の確認、重量の計量できるよう、品目ごとごみ袋(半透明)を使用
但し、資源ごみの段ボールは折りたたむだけで結構です
戸別回収で、作業場所ごと個々の指定排出場所にあるごみを回収します

指定袋による回収
品目ごとの当社指定袋を使用して排出します
作業場所ごと指定排出場所を一箇所を決め、回収します

品目べつ収集頻度 共同利用される事業者の特殊性に応じて設定します
定期収集頻度は、毎週2回から毎月1回で設定できます。
集積している事業者の要望に広く対応できます。ご相談のうえ確定させます。
選択できる回収日 品目べつ収集頻度を相談のうえ、指定回収曜日を確定します。
平日(月曜日から金曜日、祝日も含まれます)
備考 料金の支払いは、お客様指定金融機関から口座自動振替が指定です
ご請求明細は、「eレポート」内確認印刷。紙面での請求書発行はなし


ご利用料金

データ初期登録料金 初回契約時のみ発生します

料金:ご相談のうえ見積します
「廃棄物処理委託契約」「預金口座振替依頼書」の作成、及びお客さま基礎情報を当社システムDBにデータ登録します

基本収集管理費 設定された品目別収集頻度に応じて毎月発生

料金:ご相談のうえ見積します
廃棄物処理運搬費
回収した廃棄物の実績重量に応じて発生します

品目別に単価が設定されています
料金:ご相談のうえ見積します
※不燃ごみ回収時、マニフェスト伝票回付諸経費が発生します
料金:マニフェスト伝票 \300円/1部

事務諸経費
サービスのご利用があった月に発生します

料金:\400円/月額
紙面による請求書の発行が必要である場合 料金:\600円/月額です

注意事項

表示料金には、消費税は含まれていません


ご案内広告

共同収集モデル商品広告として使用している、イメージ原稿をご紹介します。

共同収集モデル広告原稿

↑このページの一番上へ見積問い合わせはこちら