定期:戸別収集モデル

日々の事業活動に伴って排出される通常の事業ごみを、ルート収集によって定期的に回収し処分場まで収集運搬するサービスです。
ルート収集は複数の取引先を定期的に回収することにより、少量の廃棄物を回収する運搬費用の低額化をはかっております。
定期回収する収集頻度は、品目別廃棄物の排出量に応じてそれぞれ事前に決められます。収集頻度より回収指定日が決まり、直接排出事業者へ伺い、回収する戸別収集を行います。
収集頻度は、多様な業種、事業規模の排出事業者に対応できるよう、リサイクル回収を前提に品目別回収コースは多種区別され多品種少頻度回収体制で月1回~毎週3回の幅を設定できるようにしてます。また、事業状況の変化に伴って収集頻度はいつでも変更可能です。

  • 回収はルート収集によって行い運搬費用を低額化します
  • ごみ排出場所まで直接回収します。戸別収集いたします
  • 収集頻度は、月1回~毎週3回までの範囲で定期回収いたいします
  • 多品種少頻度回収体制によって収集頻度を管理できる
  • 事業状況の変化に応じて、いつでも収集頻度は変更可能です
戸別収集モデルのイメージ

収集頻度

ご利用できる収集頻度は、排出事業者の規模、事業内容等に応じて幅広く対応できるように設定されています。週単位から月単位での定型化を実現しています。
各取引先の品目別収集頻度は、全て当社ERPシステムにて登録管理されています。ご指定の収集日をシステム内自動計算処理により収集管理を行っております。
月単位の収集頻度をご利用で祝日等の理由により指定日に廃棄物を排出できない場合、同月内で収集する週を変更できます。変更は翌月分まで可能です。
収集品目の排出量状況等を考慮して、必要最小限の収集頻度が設定できます。また、お客様事業環境の変化に伴い収集頻度の設定変更はいつでも対応できます。
「eレポート」内の「収集日カレンダー」により1年先まで、品目別収集予定日を確認できます。

  • 対応できる収集頻度は週単位から年単位での定型化を実現
  • 指定の収集日の管理は当社独自ERPシステムによって実現してます
  • 月単位頻度をご利用の場合、指定収集日の収集週を変更することが翌月分まで可能です
  • 収集頻度の設定変更はいつでも対応できます
  • 品目別収集予定日は、「eレポート」内の「収集日カレンダー」で1年先まで確認可能です

週単位 1週間を単位として、収集する曜日を決め、毎週決められた曜日に回収を行います

週1回から週2回まで標準対応
週3回から毎日収集を希望される方は、地域によって対応できない場合があります。ご相談ください
月単位 1月間を単位として、収集する曜日、月内の週を決め、毎月決められた週、曜日に回収を行います。

月1回から月4回にて設定
各月内5回目にある曜日は設定できません
年単位 1年間を単位として、収集する月を決め、毎指定月内の指定週、曜日に回収します。

収集する月の設定は一月から十二月、1月数から11月数まで
指定月内の回収は月内1回です

再生資源等、日々の業務では差ほど溜まらなくとも一定期間内では業務に支障が出てくるようなものを定期的に収集します

サービス要件

対応地域 八王子市内の事業者
相模原市内の事業者(一部対応できない地域あり)

廃棄物品目(分類) 日々、廃棄される通常ごみが対象です。粗大ごみなどは含みません

可燃ごみ:事業系一般廃棄物
不燃ごみ:産業廃棄物物
資源ごみ:段ボール、古紙、空カン

排出条件 中身の確認、重量の計量できるよう、品目ごとごみ袋(半透明)を使用

但し、資源ごみの段ボールは折りたたむだけで結構です
1回収ごとの収集重量は、1回収50kgが上限(20袋目安)です

作業条件 指定廃棄場所にある袋詰廃棄物を回収する

回収作業に関わる標準作業時間は3分です
回収時、付帯追加業務の希望は別途料金を設定します、ご相談下さい


指定回収日の変更および追加回収日の設定

収集頻度を月単位および年単位で定期回収を設定されている品目は、指定回収日を変更または追加ができます。
指定回収日が祝日等により廃棄物を排出できない場合、契約頻度内であれば、同月内で他の週へ自由に変更できます。また、指定回収日以外に追加で回収手配もできます。指定回収日以外の週を追加回収日として設定ができます。

回収する週の変更と追加回収を依頼する方法<

  • 収集頻度が月単位および年単位を設定された品目、指定回収日を変更および追加が可能
  • 指定回収日は同月内で他の週へ自由に変更
  • 追加回収日の設定は指定回収日以外の週で可能

収集頻度設定シミュレーション

少量廃棄物排出事業者向けの回収頻度参考資料として下記画面ページより見積積算シミュレーションができます。

見積積算シミュレーション

 

↑このページの一番上へ見積問い合わせはこちら